愛媛県総合運動公園 体育館 寺岡さんに聞きました

 

(公財)愛媛県スポーツ振興事業団の寺岡義暁(てらおか よしあき)さんにお話をお聞きしました。

競技会場の寺岡さんについて聞きました

総合運動公園の管理運営を行っています。運動公園の経理・会計処理、施設の点検・修理の手配など、管理運営にかかる全般的な業務を行っています。
小・中・高校と野球をやっていました。以前、ビール会社の企画に応募してみたところ、なんと選ばれて夢のプロ野球スター選手チームと対戦!清原選手の頭上を越えて逆転サヨナラランニングホームランを決めたことがあります!本当に夢のような体験でした。最近は町内の早朝ソフトボールに参加し、高齢のプレイヤーにホームランを打たれて悔しい思いをしています(笑)。ほかにゴルフ・テニスを始めたのですが、どちらもまだ初心者です。

競技会場の特徴を聞きました

昭和55年全国高等学校総合体育大会(インターハイ)開催時に整備されました。平成25~26年度、えひめ国体開催に向けて大規模な改修が行われました。 フロアの床面積は3,320㎡と県内でも有数規模の体育館です。各種屋内スポーツの県内大会や全国大会などが開催されています。えひめ国体では体操競技(器械体操・新体操)の会場となります。
体育館の観客席は固定席2,256席、車いす席26席、合計2,282席です。

競技会場のヒミツを聞きました

今回の改修工事で、補助体育館に体操競技練習用のピットが新設されました。ウレタンのプールを使って練習することにより、器械体操の空中姿勢・着地の高度な技の練習が安全に行うことができるようになりました。

アクセスについて聞きました

伊予鉄バス:松山市駅バスターミナルより 「砥部線(えひめこどもの城行き)」で「ニンジニアスタジアム(陸上競技場)前」下車または、「森松・砥部線(森松、大岩橋、断層口行き)」で「総合運動公園口」下車
JRバス:JR松山駅より久万高原線 総合運動公園口 下車
高速道路から:松山自動車道松山インターチェンジより高知方面へ約4㎞(約10分)
駐車場:東駐車場 1,000台 中央駐車場 160台 (駐車料金 普通車300円、大型車780円)

競技会場の周辺について聞きました

愛媛県総合運動公園は、美しい霊峰石鎚連峰を背景とした丘俊地にあり、自然溢れる環境でスポーツに親しむことができます。この公園の中にサッカーJ2リーグ愛媛FCのホームグランドである「ニンジニアスタジアム」があります。隣接する「とべ動物園」では大変珍しい、人工哺育に成功した、ホッキョクグマの「ピース」がお出迎えしてくれます。

寺岡さんの松山市のオススメを聞きました

食べ物:瀬戸内海で獲れた魚で作った「じゃこ天」「じゃこカツ」を是非食べてみてください。「じゃこ天」は少し火で炙って、大根おろしをのせ醤油をかけて食べるとお酒のお供に最高です。愛媛にはおいしい地酒や地ビールもありますので、一緒におためしください。

場所:「ダイヤモンドクロス」ってご存じですか?「電車が電車待ちをする」「線路と線路の交差点」、これが日本で唯一松山に存在します。松山市大手町の伊予鉄道郊外電車と市内路面電車がクロスします。鉄道ファンでなくても見ていると何だか不思議な気持になります。路面電車軌道を走るマッチ箱のような汽車「坊っちゃん列車」にも是非乗ってみてください。

お土産:抹茶をお餅に練り込み、中にあんこと生クリームがほどよい甘さでマッチした人気の大福が松山城ロープウェイ街アンテナショップで販売されています。テレビ番組でも紹介され、毎日行列のできる人気商品です。午後には売り切れもしばしば。見かけたら即ゲット!してください。私も出張の際、お土産にしたら女性に大好評でした!

えひめ国体・大会へのメッセージを聞きました

海や山に囲まれた温暖な気候の愛媛松山です。スポーツを通じ松山のよさを感じていただき、全国に松山を発信できればと思います。