愛媛県総合運動公園 テニスコート 宮岡さんに聞きました

 

(公財)愛媛県スポーツ振興事業団の宮岡彩乃(みやおか あやの)さんにお話をお聞きしました。

競技会場の宮岡さんについて聞きました

スポーツ教室の指導やスポーツイベントの企画運営等をしています。 なかでも、国体のテニス競技で実際に使用されるテニスコートで開催しているテニス教室は、多くの方に参加いただき、受講生の皆様と一緒に楽しく汗を流しています。
趣味は柔道です。地元の柔道会で幼児から中学生の指導をしています。 (公財)愛媛県スポーツ振興事業団主催の武道講座では、初心者の子供達を対象とした柔道教室を開催し、1人でも多くの子供達に柔道を始めてほしいという思いで指導をしています。

競技会場の特徴を聞きました

ハードコート17面(うち1面壁打ちコート)、クラブハウス、観客席1560席 サーフェス:プレクシクッション

競技会場のヒミツを聞きました

錦織 圭 選手が活躍(準優勝)したテニス4大大会のひとつ「全豪オープン」と同じサーフェス(表面舗装)です。日本でこのサーフェスが15面以上あるテニスコートは、現在、岐阜県と愛媛県だけと聞いております。(2015年7月取材時)今後、全日本級、国際級の大会開催も期待されます。

アクセスについて聞きました

伊予鉄バス:松山市駅バスターミナルより 「砥部線(えひめこどもの城行き)」で「ニンジニアスタジアム(陸上競技場)前」下車または、「森松・砥部線(森松、大岩橋、断層口行き)」で「総合運動公園口」下車
JRバス:JR松山駅より久万高原線 総合運動公園口 下車
高速道路から:松山自動車道松山インターチェンジより高知方面へ約4㎞(約10分)
駐車場:東駐車場 1,000台 中央駐車場 160台 (駐車料金 普通車300円、大型車780円)

競技会場の周辺について聞きました

愛媛県総合運動公園は、美しい霊峰石鎚連峰を背景とした丘俊地にあり、自然溢れる環境でスポーツに親しむことができます。この公園の中にサッカーJ2リーグ愛媛FCのホームグランドである「ニンジニアスタジアム」があります。隣接する「とべ動物園」では大変珍しい、人工哺育に成功した、ホッキョクグマの「ピース」がお出迎えしてくれます。

宮岡さんの松山市のオススメを聞きました

食べ物:私がおすすめしたいのは愛媛みかんのジュースです。松山市の小学校では給食で週に1度登場するほど地域に密着しています。「愛媛のまじめなみかんジュース」は子供から大人まで大人気です。

場所:松山市の中心部にある、松山城の「松山城二之丸史跡庭園」は「恋人の聖地」として選定されたロマンチックな場所です。和風情緒のある癒しの景観はもちろん、日露戦争時のロシア人捕虜の男性と日本人女性看護師が、永遠の愛を誓ってコインに名前を刻んで泉に投げたという悲恋のお話で有名です。結婚式の前撮りや、プロポーズにふさわしい場所とされています。私も実際に結婚式の前撮りに利用させていただいた、思い出深い場所です。

お土産:みかんジュース味のお菓子の四国限定のコラボ商品も販売されています。お子様のお土産にいかがでしょうか。 えひめ国体マスコットの「みきゃん」グッズも販売されていますので、チェックしてくださいね。

えひめ国体・大会へのメッセージを聞きました

えひめ国体マスコットの「みきゃん」と共に、愛のある笑顔「愛顔(えがお)」で、参加者の皆様に温かい気持ちになっていただけるよう、努めたいと思います。