リハーサル大会(松山市開催分)

リハーサル大会とは、競技会運営能力の向上や国体開催の機運醸成を図ることを目的として、国体開催前に行われる大会です。※以下の大会日程は松山市で競技が行われる日です。

なぎなた

なぎなた

大会名
第57回都道府県対抗なぎなた大会
大会日程
平成28年5月28日(土)~29日(日)
競技会場
松山市総合コミュニティセンター 体育館
実施要項
大会実施要項(PDF:98KB)
見どころ
都道府県対抗なぎなた大会は、昭和35年から毎年開催されている全国大会で、47都道府県から予選を勝ち抜いてきた選手たちが、演技競技と試合競技を競います。
演技競技は、伝統的ななぎなたの技が洗練された形の「全日本なぎなたの形」の中から指定されたものを二人一組の演技者によって行い、その優劣を競います。演技者双方の姿勢・服装・態度・発声・呼吸と気持ちが調和しているか、打突部位を正確に気迫に満ちた打突をしているか、残心・間合・手の内・着眼など理合に叶った技であるか、そして、見る人に感動を与えたかなどの基準で判定されます。
試合競技は、二人の試合者が、定められた部位、面部(正面と左右の側面)小手部(左右)胴部(左右)脛部(左右の外ずねと内ずね)咽喉(のど)を確実に早く打突して勝負を競います。なぎなたを振り上げ、持ちかえ、振り返し、繰り込み繰り出し等の操作をしながら、打突部位を打ったり突いたりします。 2メートルを超えるなぎなたを巧みに操作し、実際に相手に打ち込み一本を決めます。一瞬も見逃せない迫力満点の選手達を、ぜひご覧ください。
大会結果
結果はこちら

弓道

弓道

大会名
第63回全日本勤労者弓道選手権大会
大会日程
平成28年6月11日(土)~12日(日)
競技会場
愛媛県総合運動公園弓道場
実施要項
大会実施要項(PDF:253KB)
見どころ
「第63回全日本勤労者弓道選手権大会」は、来年開催される「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」のリハーサル大会の位置づけで開催されます。
本大会は、28m先の的(直径36cm)を狙う「近的」競技で実施されます。1チーム3人が制限時間内に各自4射(合計12射)を行い、1次予選・2次予選を介して上位16チームが決勝トーナメントへ進みます。
各県の予選を通過した代表チームが、会社(職場)の名誉をかけて、自分の体感を頼りに的を狙い、弓を引く一連の動作の美しさと、研ぎ澄まされた集中力で正確に的を射る技にご注目ください。

〈愛媛県代表チーム〉ダイキ・愛媛県庁
ダイキチームは、過去には、同大会で準優勝・第3位の実績を有し、昨年の和歌山国体では、ダイキ選手で編成された成年女子が遠的3位に入賞をしております。愛媛県代表チームの応援をよろしくお願いします。
大会結果
結果はこちら

柔道

柔道

大会名
平成28年度第22回マルちゃん杯 中国・四国少年柔道大会
大会日程
平成28年6月26日(日)
競技会場
愛媛県武道館
実施要項
大会実施要項(PDF:261KB)
見どころ
柔道(正式名称:日本伝講道館柔道)は柔術を元に嘉納治五郎師範の工夫と研究によって誕生し、世界的に普及が進んでいる競技です。
選手は投技(立技・捨身技)と固技(抑込技・絞技・関節技)を駆使し、その決まり方の高い程度から順に、「一本」「技あり」「有効」といった得点が与えられます。
マルちゃん杯は1986年から小中学生を対象に実施され、現在では全国7地区において開催されています。 これまでの大会参加選手の中からは、国際大会等で活躍する選手が数多く誕生しています。
大会は「小学生の部」、「中学生男子の部」、「中学生女子の部」に分かれて行われ、団体対抗点取り試合のトーナメント方式で行われます。 また、小学生の部は上位4チーム、中学生男子の部は上位6チーム、中学生女子の部は上位2チームが全国大会へ派遣されます。
大将戦まで緊迫したせめぎ合いが続き、団体戦ならではの緊張感と試合の盛り上がりが楽しめます。
大会結果
結果はこちら

テニス

テニス

大会名
第40回全日本都市対抗テニス大会
大会日程
平成28年7月22日(金)~24日(日)
競技会場
愛媛県総合運動公園 テニスコート
実施要項
大会実施要項(PDF:266KB)
見どころ
全日本都市対抗テニス大会は、1977(昭和52)年に第1回が開催され、国民体育大会のリハーサル大会として、国体の開催地にて前年に開催される大会です。
各市町村でチーム編成し、地域予選を勝ち抜いた32チームによるトーナメントで本戦を行います。
本戦は、一般女子ダブルス・一般男子ダブルス・ベテラン1部男子ダブルス・ベテラン1部女子ダブルス・ベテラン2部男子ダブルス・一般女子シングルス・一般男子シングルスの順に行われ、ダブルス種目はすべて行い、その後、勝敗決定後の試合は打ち切られます。勝ち上がるには、4ポイント以上の勝利が必要です。1回戦で負けたチームにもコンソレーション(敗者戦)のトーナメントが実施されます。
会場は、平成29年えひめ国体と同じ愛媛県総合運動公園テニスコートを使用し、各チームの一般男女は、日本ランキング上位の選手も出場します。45歳以上のベテラン種目は、ベテランランキング上位の選手も多数出場しており、熟練された技がコートで繰り広げられます。勝利ポイントがかかった、一般男女のシングルスなどは、各チームの応援も最高潮となり、観客も一体となって楽しめます。
本県から出場する「松山市」は、一般に地元伊予銀行実業団チームの中島、弓立、長谷川の3名に、新社会人になった清水(愛媛信用金庫)が加わります。ベテラン1部は県予選を勝ち抜いた秀島、横井の元国体選手と女子の竹内・阪口ペア、ベテラン2部は県内の大会で上位進出の常連である越智・山田ペアの活躍が期待されます。
大会結果
結果はこちら

ハンドボール

ハンドボール

大会名
第21回ジャパンオープン ハンドボールトーナメント
大会日程
平成28年8月6日(土)~9日(火)
競技会場
松山市総合コミュニティセンター体育館・北条スポーツセンター体育館
実施要項
大会実施要項(PDF:292KB)
その他の詳しい内容は、 日本ハンドボール協会ホームページ をご覧ください。
組合せ
男子組合せ(PDF)女子組合せ(PDF)会議・競技 日程表(PDF)
見どころ
今年で21回目となるジャパンオープンハンドボールトーナメント(Japan Open Handball Tournament)は、日本ハンドボール協会などが主催する社会人ハンドボールの全国大会で、1996年より国民体育大会のリハーサル大会として毎年8月に開催されています。ハンドボールは1チーム7人でプレーします。1人はゴールキーパー(GK)で、他6人はコートプレーヤー(CP)です。ゲームは相手ゴールにシュートが入ると得点となり、試合時間内(前・後半、各30分)に多く得点したチームが勝ちです。ハンドボールは名前の通り、手を使ってボールを投げて、パスやシュートをします。攻撃・守備でコートを走り、激しいボディーコンタクトがあります。試合展開も早く、速攻ではボールを奪ってから3秒で得点することもあります。シュートの多くは、ジャンプして空中でボールを投げます。このように、ハンドボールは『走る・投げる・跳ぶ』の3要素が揃ったスポーツで、スピード・迫力ある攻防や華麗で多彩なシュートが魅力です。

愛媛県からは、男子は昨年度ベスト8に進出したEHCと新居浜クラブの2チーム、女子はEHCの1チームが出場します。
EHC男子は、平成22年にえひめ国体に向けての強化を目的に設立されたクラブチームで、国体出場などの経験を積むことで一歩ずつ強化を進めてきました。積極的でスピードのある戦術に加え、個性豊かなプレーヤーが揃っており、観客が見て楽しいプレーを目標に練習に励んでいます。また、新居浜クラブは新居浜工業高校や新居浜西高校のハンドボール部出身者が中心のチームです。
EHC女子は県内クラブチームで、えひめ国体を1年半後に控え、チームの結束力、組織力のさらなる強化を図っています。メンバーが揃うのは週末のみとなることが多く、十分な練習量が確保できている環境ではありませんが、その中で他県の実業団チームや日本リーグ勢に対抗していくには、個で負けている点を組織力で補い、その上に個々の特性を生かしたプレーを加えていくことが必要不可欠となります。

松山市会場では男子チームの試合が、西条市会場では主に女子チームの試合が開催されます。社会人のテクニックやスピードのあるスリリングな試合展開を楽しんでください。
大会結果
結果はこちら

剣道

剣道

大会名
国民体育大会 第37回四国ブロック大会剣道競技
大会日程
平成28年8月21日(日)
競技会場
愛媛県武道館
実施要項
大会実施要項(PDF:156KB)
見どころ
剣道は剣道具を着用し、竹刀で、定められた部位(面・小手・胴・突き)を互いに打突し合い、勝負を競う競技です。相手の動きを読み取る洞察力と集中力が必要とされる競技で、一瞬の勝負となります。

競技は、少年男子、少年女子、成年女子の3種別で、団体戦を行います。少年男子、少年女子は、先鋒・次鋒・中堅・副将・大将の5名で1チームとなり、成年女子は、先鋒・中堅・大将の3名で1チームとなります。

各種別で、四国4県のチームが総当たりのリーグ戦を行い、1位となったチームが、第71回国民体育大会に出場します。剣道競技は、10月に岩手県二戸市で行われます。

試合は、3本勝負が原則で、試合時間内に2本先取した者が勝ちです。一方が先取し、そのまま試合時間が終了した場合は先取した者が勝ちとなります。時間内に決まらなかった場合は、1本先取の延長戦を行います。
大会結果
結果はこちら

陸上競技

陸上

大会名
第64回四国陸上競技選手権大会
大会日程
平成28年8月27日(土)~28日(日)
競技会場
県総合運動公園陸上競技場
実施要項
大会実施要項(PDF:127KB)別紙(PDF:438KB)
見どころ
陸上競技は、「走る・跳ぶ・投げる」を競技化した最もシンプルなスポーツです。

トラック競技とフィールド競技があり、トラック競技は、短距離走、中・長距離走、ハードル・障害物競走、リレー、競歩の5つに大別されます。
フィールド競技は、走高跳、棒高跳、走幅跳、三段跳の「跳躍競技」と、砲丸投、円盤投、ハンマー投、やり投の「投てき競技」の2つに分けられます。

代表選手のスピード、パワー、テクニック、躍動感とともに、スタート前の表情やレース中の駆け引き、ゴール直前での激しい競り合いなど見どころがいっぱいです。
大会結果
結果はこちら

体操【新体操】

体操【新体操】

大会名
国民体育大会第37回四国ブロック新体操予選大会
大会日程
平成28年8月28日(日)
競技会場
愛媛県総合運動公園 メイン体育館
実施要項
大会実施要項(PDF:135KB)
見どころ
新体操は、リズミカルな動き、力強さ、スピード、柔軟性、手具(リボンやボールなど)の巧みな操作が要求されるスポーツです。新体操の本場、ヨーロッパでは「芸術体操」と言われるほど、芸術性が高く、1984年からオリンピックの正式種目に採用され、全世界で愛されています。
選手の徒手要素(ジャンプ・バランス・ピポット・柔軟)の高さを競うだけでなく、手具と身体が一体化した洗練された美しい動きと、華麗でダイナミックな演技や伴奏音楽に溶け込んだ芸術性の高い演技が新体操の魅力です。

国民体育大会では都道府県対抗で、団体競技と個人競技の得点を合わせて各都道府県の得点とし、順位を競います。
団体競技は、6回以上の手具交換、多彩なフォーメーション、選手同士の協力による連携等が必要です。
個人競技では、手具の巧みな操作と手具の特性を生かした演技、徒手要素が必要となります。
リハーサル大会である四国ブロック大会では、今年のいわて国体の代表チームを選出します。
大会結果
結果はこちら

自転車【トラック・レース】

自転車【トラック・レース】

大会名
第51回全国都道府県対抗自転車競技大会
大会日程
平成28年9月6日(火)~7日(水)
競技会場
松山中央公園多目的競技場
実施要項
大会実施要項(PDF:238KB)
見どころ
自転車競技は自転車を競技用具として使用し、競技者自らの力のみで速さを競う競技です。今大会のトラック・レースでは個人種目4種と団体種目2種が行われます。

個人種目は、完走タイム、ゴール順位、ポイント獲得などにより順位が決定します。団体種目は、ホームとバックの中央線から同時にスタートし、チームワークでトップを交代しながらタイムを競います。

自転車競技のスピード感とスリルはとても魅力であり、スピードにより生まれる空気抵抗をいかに克服するかで勝敗が大きく左右されます。また、巧みなコーナリングや周りの選手たちとの駆け引き、団体戦でのチームワークも見どころの一つであり、種目によって多様なレース展開が見られ、選手たちの熱い攻防戦が繰り広げられます。

また、近年ガールズケイリンの人気が出てきており、今年の岩手国体から正式種目となる女子種目も実施されます。
大会結果
結果はこちら

サッカー

サッカー

大会名
第52回全国社会人サッカー選手権大会
大会日程
平成28年10月22日(土)~24日(月)
競技会場
北条スポーツセンター 陸上競技場・球技場
実施要項
大会実施要項(PDF:111KB)
見どころ
本大会は、実業団チームの全国大会として毎年開催されていた全日本実業団選手権に代わる大会として、日本サッカーリーグとともに創設されました。全国の各ブロック予選を勝ち抜いた32チームが出場し、この大会の第4位までのチームで、「全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016」への出場権を得ていない上位3チームに、チャンピオンズリーグの出場権が与えられます。JFL昇格のラストチャンスを賭けた戦いとなり、将来のJリーグ参加を目指すチームを中心に熱戦が繰り広げられます。

〈本県出場チームの紹介〉 FC今治
愛媛県今治市に所在。2025年には常時J1で優勝争いを行うチームとなり、日本代表へ選手を5人輩出し、サッカーを通して今治に、日本に、世界に、夢・勇気・希望・感動・笑顔をもたらす事を目標としています。今シーズンのJFL昇格という目標を達成するために活動しています。大会開催地のホストチームとして、次年度の国体開催県として、地域性をPRすると同時に、全国の強豪チームとの対戦を経てステップアップを目指し、地域サッカーチャンピオンズリーグへ向けて邁進していきます。どうぞご声援よろしくお願い致します。
大会結果
結果はこちら

高等学校野球

高等学校野球

大会名
平成28年度(第69回)秋季四国地区高等学校野球大会
大会日程
平成28年10月22日(土)~23日(日)・10月29日(土)~30日(日)
競技会場
坊っちゃんスタジアム
実施要項
大会実施要項(PDF:197KB)組合せ表(PDF:123KB)
見どころ
平成28年度(第69回)秋季四国地区高等学校野球大会は、四国4県の予選を勝ち抜いた代表12校が出場し、11月に東京で開催される明治神宮野球大会の切符を巡って、熱い戦いを繰り広げます。
また、翌年3月に開催される、いわゆる「春の甲子園(選抜高等学校野球大会)」出場校の重要な選考資料ともなっており、春の甲子園への出場を目指す球児たちの、緊張感のあるプレーが期待されます。

大会は、日本最大級の地方球場のひとつとも言える坊っちゃんスタジアムで開催されます。併設されている「野球資料館 の・ボールミュージアム」では、プロ野球・アマチュアに分かれた2つのコーナーがあり、野球に詳しくない人でも楽しめる展示が盛りだくさんとなっています。
大会結果
結果はこちら

ボウリング

ボウリング

大会名
内閣総理大臣杯・文部科学大臣杯 第45回全国都道府県対抗 ボウリング選手権大会
大会日程
平成28年11月4日(金)~6日(日)
競技会場
キスケボウル
大会申込
※まず注意事項をお読みください。
・注意事項   (word:35 KB)(PDF:55 KB)
・大会実施要項(word:15 KB)(PDF:124 KB)
・申込書   (excel:397 KB)(PDF:302KB)
見どころ
当大会名は、「内閣総理大臣杯・文部科学大臣杯第45回全国都道府県対抗ボウリング選手権大会」で、毎年、翌年に行われる国民体育大会のリハーサル大会として開催されています。

都道府県から選抜された代表選手による選手権者決定戦と男女混合のチーム戦2種目で都道府県の総合優勝を争います。

チーム戦の2種は、混合2人チーム戦、混合4人チーム戦です。
1ゲーム毎にレーン移動しながら6ゲームの競技を行い、その合計得点により順位を決定します。

選手権は、男子選手権者決定戦、女子選手権者決定戦に分かれます。
混合2人チーム戦、混合4人チーム戦における個人総得点(12ゲーム)の上位より男女とも20名を選出し、更に1ゲーム毎にレーン移動しながら6ゲームの競技を行い、合計18ゲームの総得点により、男女の選手権者並びに個人の順位を決定します。

総合優勝チームには内閣総理大臣杯、男女の選手権者には文部科学大臣杯が授与されるボウリング競技の中でも大きな大会の一つです。

全国のトップアスリートのパワフルで華麗な投球フォームは必見の価値があります。
大会結果
結果はこちら

体操【体操競技】

体操【体操競技】

大会名
第33回全国高等学校体操競技選抜大会
大会日程
平成29年3月24日(金)
競技会場
愛媛県総合運動公園 メイン体育館
実施要項
実施要領(PDF:199KB)競技日程表(PDF:137KB)
見どころ
体操の面白さは、限られた時間内で難易度の高い演技の美しさと安定さを競い合うところにあります。特に、難易度の高い演技を行った後の安定した着地は観客席のボルテージを一気に上げてくれます。

また、男女で種目が異なり、男子種目では、力強さが見どころのつり輪、ダイナミックな演技が楽しめる鉄棒、旋回技や振動技を駆使した平行棒、女子の種目では、唯一音楽に合わせてしなやかに演技するゆか、一瞬も目が離せない平均台など、各種目で様々な楽しみを味わえるのが体操の魅力です。

今回の全国高等学校体操競技選抜大会では、団体戦ではなく個人戦となっており、大会要項により選抜された男女60名ずつが、男子6種目、女子4種目の演技を行い、得点を競い合います。

水泳

水泳【オープンウォータースイミング】

大会名
EHIME OWS 2017
大会日程
平成29年7月2日(日)
競技会場
松山市北条長浜海水浴場
実施要項
大会実施要項(PDF:92KB)
見どころ
「泳ぐマラソン」と呼ばれるように、風・波・潮の流れなど考慮した駆け引きがレースの中で幾度となく繰り広げられます。自然環境に適合させることができるか、自らの力で水を「制する」のではなく、水と「和する」ことができるかが重要です。
コースロープがない自然環境へ競技者が一斉にスタートしていきます。ブイやゴールなどの目標物を確認しながら泳ぐヘッドアップという技術や競技者同士の激しい身体接触、ゴール直前の競り合いにも注目してください。

オープンウォータースイミング(以下、OWS)は、「川、湖、海洋もしくは海峡などで行われる10km種目を除く競技」です。オリンピックでは、2008年北京大会から正式種目となり、2012年のロンドンオリンピックから日本人選手が出場を果たしています。オリンピックで行われる10km種目は、「マラソンスイミング」と定義されています。
国民体育大会では、昨年の第71回国民体育大会2016希望郷いわて国体で初めて正式競技になり、5kmが実施されました。

当大会は、愛媛県で初めて開催されるオープンウォータースイミング大会で、主に中四国から選手が参加します。また本会場では、観客と選手との距離が近く、白熱した試合が目前で繰り広げられます。(一部規制エリアがございます。)プールで行われる競泳とは一味違った、オープンウォータースイミングをぜひ一度ご覧ください。

水泳

水泳【競泳】

大会名
2017年度愛媛県夏季記録会兼第40回全国JOCジュニアオリンピックカップ 夏季水泳競技大会愛媛県予選会
大会日程
平成29年7月8日(土)~9日(日)
競技会場
アクアパレットまつやま 特設プール
実施要項
大会実施要項(PDF:115KB)
見どころ
当大会は、例年は全国JOCジュニアオリンピックカップの県予選としてアクアパレットまつやまで開催されている、10歳以下から上は18歳までの県内少年少女による大会です。今年9月に開催される国民体育大会水泳競技(競泳)のリハーサル大会として位置づけられ、アクアパレットまつやま特設プールで行います。

競泳は、例年の国体ではオリンピアンや日本記録保持者が多く参加し、毎年、日本記録も発生します。昨年度の岩手国体ではリオオリンピック競泳代表のメンバー29名が各県代表として参加し、熱戦を繰り広げました。愛媛国体でも多くのオリンピアンの参加が期待されます。

当大会はターゲットエイジの年代以下も含まれる大会ですが、未来の国体選手やオリンピアンもここから生まれるかもしれません。子どもたちの熱い戦いにエールをお願いします。

水泳

水泳【水球】

大会名
第40回JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会水球競技四国ブロック予選会
大会日程
平成29年7月17日(月)
競技会場
アクアパレットまつやま 特設プール
実施要項
大会実施要項(PDF:109KB)
見どころ
当大会は、例年は全国ジュニアオリンピックカップの四国ブロック予選として四国四県で持ち回り開催されている、小学生から高校生までの大会です。今年9月に開催される国民体育大会水球競技のリハーサル大会として位置づけられ、アクアパレットまつやま特設プールで行います。

水泳

水泳【シンクロナイズドスイミング】

大会名
第72回国民体育大会水泳(シンクロナイズドスイミング)競技 中国・四国ブロック予選会兼第40回(2017年度)全国ジュニアオリンピックカップ 夏季水泳競技大会シンクロナイズドスイミング競技 中四国ブロック予選会
大会日程
平成29年7月23日(日)
競技会場
アクアパレットまつやま 特設プール
実施要項
大会実施要項(PDF:112KB)
見どころ
当大会は、例年は国体及び全国ジュニアオリンピックカップの中四国ブロック予選として、中四国九県で持ち回り開催されている大会で、国体予選は少年女子区分(中学3年生から高校3年生まで)、JOC予選は小学生から高校生までが出場します。
今年9月に開催される国民体育大会水球競技のリハーサル大会として位置づけられており、アクアパレットまつやま特設プールで行います。

当大会のうち国体予選は、まさに今期のえひめ国体につながる大会で、愛媛県代表選手も参加します。国体に向けて日々厳しい練習に励んできた代表選手の華麗な演技をご覧ください。

ゴルフ

ゴルフ

リハーサル大会はありません。