ブラインドテニス(身)

blindtennis

「空中に浮いているボールが打ちたい」、「一般の人と一緒にスポーツを楽しみたい」そんな夢を持った視覚障がいのある男性の思いから、1990年に日本で誕生したのがブラインドテニスです。視覚障がい者の球技の中でブラインドテニスだけが空中に浮いたボールを打つ3次元の画期的なものです。コートはバドミントンコートを利用し、スポンジボールの中に音源の入ったプラスチックボールが入っているものを使用します。3バウンドまでを有効とするなど、ルールにも工夫が凝らされていますが、基準は硬式テニスのルールです。ミックスダブルスもあり、視覚に障がいがあってもなくても、小さなお子さんから高齢の方まで楽しめるユニバーサルスポーツといえます。

競技会場

愛媛県身体障がい者福祉センター

〒790-0843
愛媛県松山市道後町2丁目12-11
電話番号:089-924-2101
FAX番号:089-923-3717